2012/07/01(日) 07:15
英検1級合格法
    by

ごく一握りの人にしか教えていない門外不出の【英検1級一発合格法】

英検準一級レベル・または、TOEIC730点以上の方なら、

最短で6カ月後には、国内英語検定試験の最高峰、英検一級に合格できる

本物の英語力が習得できる勉強法です。

1日たったの90分の勉強で、

90日後にはネイティブ並みのスピーチ能力、

120日後には英文が書け、

6ヶ月後には英検1級に一発合格できる能力が身に付いてくるのです。


英検1級合格法



英検1級合格法 レビュー

英検1級

こんな方はもう悩む必要はありません…

プログラム開始から、90日目には 徐々に上手くなり、

最終的(180日目)には素晴らしい英文を書けるようになれるのです。


GIVE理論の効果

ただ単に英検既出問題を分析し、1級合格への完全対策を図っているだけではなく、情報力、読解力、発音、リスニング力、文法、作文、語彙力などがネイティブ並みになれるのです。

本物の英語力。

つまり、【GIVE理論】を使うことで、英検1級の資格を取得することはもちろん、これらのスキルも身につきます。

試験に限らず、あらゆる問題に 臨機応変に対処できる『情報力』 『読解力』

英検特有の口語表現や語彙の出題形式にも対応できるだけでなく、国内外問わず、仕事や日常生活に必要不可欠な『文法』 『作文』 『語彙力』

二次試験で困らないだけでなく、海外旅行先でも全く困らなくなるほどの

『ネイティブ並みのスピーチ力』と『リスニング力』


英検1級合格法の詳細は ・・・ << こちらから >>



英検1級の価値

英語と日本語の微妙なニュアンスの違いを身に付けることができるこの教材は、英検1級を目指しているかただけではなく、通訳案内士を目指す方にもお薦めの教材です。

英語教師や、TOEICに代わる英語力証明として採用している企業も増えてきているので、就職時にも有利になります。

これが、【GIVE理論】で手に入る英語能力です。

GIVE理論の特徴

特徴 (1) G=Grammer(文法)

この文法が 総合的英語力の基礎となります。
英検1級では、直接にその知識を問う問題はありませんが、英文解釈や自由英作文の基礎となるものです。


特徴 (2) I=Informationr(情報)

どんな問題に対処するにも、一般常識や教養が物を言います。
情報力の必要に応じて、とても面白く、非常に役に立つ情報をコラムで示しています


特徴 (3) V=Vocabulary(語彙)

語彙力は英検1級では必要となり、マニュアルの随所で、語彙力向上のための工夫をして語彙リスト、語彙テスト、語彙の一口メモなどのコラムを入れています


特徴 (4) E=Enlightenmet(悟り)

マニュアルを読み進めていことで、真の英語の理解とともに人生も分かるります、(一種の英語の悟り「これを私は“英悟”と言っています」に到達する)ようになれることっをお約束します。


特徴 (5) E=Enjoyment(楽しみ)

英語は楽しく学習しないといけない」という基本発想で構成されています。更に、Effort(努力)と、Enthusiasm(情熱)の「E」でもあり、努力と情熱があれば、最初に挙げた「GIV」を加えると、最強になるにです。




英検1級合格法 口コミ



あなとも、1日90分間、このプログラム通りに実践していくだけで、語彙力、文法力、作文力、読解力、聴解力、会話力、情報力などがネイティブ並みに、成長していることで自信がつき、6ヶ月後には、一発で英検1級に合格することが出来るでしょう。



英検1級合格法
英検1級合格法の詳細は ・・・ << こちらから >>



COMMENT
名前:
E-mail:
URL:
コメント本文:


  0.TOP  


英検1級合格法 (これで英検1級一発合格)

英検1級に合格し本物の英語力を習得する、GIVE理論の英検1級合格法。1日の勉強時間は90分。90日後にはネイティブ並みのスピーチ迫ヘが、120日後にはネイティブ並みの英文が書け、6ヶ月後には英検1級に一発合格できる迫ヘが身に付いている。


英検1級合格法



あがり症克服 西村順式あがり症克服

芸能事務所採用のバストアップ術

2カップアップ!メスを使わない超Naturalバストアップ豊胸術

【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム




人気ランキング

パソコンでご覧になるには、こちら
英検1級合格法 (これで英検1級一発合格)